TEL
029-272-5184

倫理規定

倫理規定

医療人には高い倫理感が求められています。

私たちが進むべき道として「勝田病院倫理規定」を定めました。私たちはこれを遵守し、これに基づいて行動します。

  1. 当院職員は患者さんの人格を尊重し、その立場に立って心温かく接するとともに、医療内容やその他必要な事項についてよく説明し、安心感と信頼を得るよう努めます。
  2. 最新・最良の医療を提供するために、知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くします。
  3. 病院で定めたさまざまなルールを遵守することで、安全で安心な医療を提供します。
  4. 自分の職務の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心がけます。
  5. 職員相互に尊敬し合い、良き協力関係のもとに医療を行います。
  6. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会に貢献するとともに、法規範を遵守します。

相対的無輸血について

当院では、「宗教的輸血拒否に関する診療方針の基本方針」に基づき以下のように対応いたします。

宗教的輸血拒否に関する診療指針の基本方針

  1. 当院では「いかなる場合も相対的無輸血治療を行う」を基本方針とします。
  2. 宗教上の理由で輸血拒否を望む皆さんに対して、そのことが理由で診療拒否はいたしません。
  3. 患者やその家族が提示する免責証明書等は受け取りません。絶対無輸血治療に同意する文書等には署名いたしません。
  4. 当院の治療方針に同意して頂けるように努めますが、同意を得られない場合は他院での治療を勧めます。
  5. 緊急の場合は手術同意書や輸血同意書が得られない場合でも救命のための手術や輸血を実施します。
相対的無輸血

ご本人の意志を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、輸血以外に救命手段がない事態に至った時には輸血を行うという立場・考え方。

絶対無輸血

ご本人の意志を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

勝田病院 倫理委員会

関連施設

神保記念 水戸ガンマハウス
介護老人保健施設 勝田