TEL
029-272-5184

病院指標

平成30年度 勝田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 16 28 82 95 232 284 296 127

平成30年度の全退院患者数は1164件でした。平成29年度と変動ありません。高齢化が進んでいる今、60歳以上の患者さんの割合が8割を超えています。年代別で見ると80代が一番多く約300件になります。昨年度と比べると90代も103件から127件と増加しております。

※※症例数・患者数が10件未満の場合は‐(ハイフン)を記載しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 60 2.73 2.67 0% 67.12
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 27 11.11 6.52 0% 63.7
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 11.24 8.95 8% 73.92
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 18 8.5 4.96 0% 69.33
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 46.29 20.92 11.76% 87.24

当科の対象疾患はその他に消化器系(食道、胃、小腸、大腸、肝臓胆道、膵臓)の良性および悪性疾患、憩室性疾患になります。手術は患者さんに負担の少ない腹腔鏡や内視鏡での手術を実施しております。

※症例数・患者数が10件未満の場合は‐(ハイフン)を記載しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 16 30.75 19.61 12.5% 82.19
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 11 20.09 9.58 0% 71.27
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病 なし 10 26.5 14.45 0% 86.5
070341xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.22 - -
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 12.02 - -

当科では脊椎、手、足関節、肘、膝、頚椎、腰椎等の幅広い疾患の治療を行なっています。患者さんは近隣の病院からの紹介が多く、手術後の患者様に早期のリハビリテーションの介入を目指しております。患者様は平均年齢が80歳前後と高齢になっており、症状回復後、日常生活を取り戻すためにリハビリテーションを行なうので平均在院日数が長くなることがあります。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 38.08 20.92 0% 83.08
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 11 9.27 6.14 0% 81.27
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.12 - -
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 4.84 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.66 - -

当院では誤嚥性肺炎の疾患による高齢者の入院が多くなります。患者さんの平均年齢が80歳を超えており、症状回復後もリハビリテーションを行なうので平均在院日数が長くなる傾向にあります。

※症例数・患者数が10件未満の場合は‐(ハイフン)を記載しています。

呼吸器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 50.87 20.92 5.26% 84.29
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし - - 19.06 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.66 - -
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2 なし - - 23.39 - -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.62 - -

当院では誤嚥性肺炎の疾患による高齢者の入院が多くなります。患者さんの平均年齢が80歳を超えており、症状回復後もリハビリテーションを行なうので平均在院日数が長くなる傾向にあります。

※症例数・患者数が10件未満の場合は‐(ハイフン)を記載しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 229 3 4 11.35% 66.06
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 4.58 11.45 23.08% 68.96
010040x0991xxx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 あり - - 3.33 - -
070020xxxx0xxx 神経の良性神経の良性腫瘍 手術・処置等1 なし - - 7.43 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.35 - -

当科では脳腫瘍の患者さんを多く診療しています。当院にはガンマナイフの施設があり、脳腫瘍を切らずに治す治療を行っています。ガンマナイフ治療を当院では2泊3日で行なっているので、平均在院日数も全国平均より大変短くなっています。

※症例数・患者数が10件未満の場合は‐(ハイフン)を記載しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - 7
大腸癌 - - - - - 17 - 7
乳癌 - - - - - - - 7
肺癌 - - - - - - - 7
肝癌 - - - - - - - 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では癌の患者さんは少ないのですが、患者数として一番多いのは大腸癌になります。近隣の病院での手術、治療後に転院してこられることが多いです。当院での癌の発見、手術、化学療法が可能となり少しずつ増加傾向となってきています。
初発:当院でがん診断、初回治療を行なった患者数
再発:当院で再発、新たな転移の診療を行なった患者数(他院で初回治療を行なった患者数も含む)

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

患者数は少ないですが、患者数が最も多いのは中等症の患者となっております。平均年齢は80歳を超えており、高齢になるほど重症化し、入院期間が長くなっております。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 22 42.27 75.59 16.67
その他 - - - -

脳梗塞の患者さんは3日以内に治療が開始されています。適切な治療、検査、早期リハビリテーションを介入することにより日常生活障害が軽減されることに努めております。当院はリハビリテーションも充実しているので近隣の医療機関からの紹介も多いです。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 61 0.84 3.87 0% 67.49
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 5.44 7.56 0% 64.31
K6335 鼠径ヘルニア手術 18 1.28 6.67 0% 69.11
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 16 62.54 23.08% 85.08
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -

患者さんに負担の少ない腹腔鏡や内視鏡での手術を積極的に行っております。一番多いのは内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術になります。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -

高齢の方の入院が多く、主に誤嚥性肺炎を繰り返すなど経口で食事摂取が難しい方に胃瘻造設を行なっております。術後は経口で食事が摂れるように早期のリハビリテーションの介入も行っております。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

呼吸器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -

誤嚥性肺炎で入院する方は高齢の方が多く、併存での疾病で胸水・腹水が貯まることがある為、濾過濃縮再静注法を行なう事があります。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

重篤な疾患である播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症について発生率を集計しています。当院ではほとんど重症な疾患はありませんでした。播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症も手術、処置の合併症も臨床上ゼロには成りえないものですが、細心の注意を払い治療を行なっております。また、起こりえる合併症については、事前に十分に説明させていただくよう努めております。

※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

更新履歴

令和元年9月 初版作成

関連施設

神保記念 水戸ガンマハウス
介護老人保健施設 勝田