看護部ロゴ

手術室

開設してまだ日の浅い手術室ですが、消化器外科を中心に手術を行っています。主に胆石症の症例が多く、専門医師による内視鏡手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)です。腹部に3つ穴(1cm程度)を開け、テレビモニターを見ながら手術をします。傷痕も小さいため痛みも少なく、ベッドから起き上がれ、歩くことも出来ます。

手術室看護師は、手術を選択し、手術や麻酔という未知の体験に一人で臨む患者さんの不安や緊張を少しでも和らげることができるよう、手術前より直接患者さんにお会いして手術に対する不安や疑問を理解し、手術の流れを説明用紙を使って分かりやすく説 明させていただきます。(術前訪問)患者さん一人ひとりに合ったよりよい看護、寄り添う看護を心掛けています。そして、地域の皆さんが、いつでも安心して診察、看護をうけて地域に戻れるようスタッフ全員で取り組んでいます。

手術看護科